分譲住宅の土地の売却について

密集した分譲住宅の土地が簡単に売れると思うべからず

戸建てかマンションかを考える場合、土地そのものの価値を重視して、戸建てを選択する人も多い。だが、密集タイプの集合住宅の場合、必ずしも、普通の独立した土地と同じようにすぐに売れるとは限らないという点は覚えておきたい。

土地を販売する
土地を販売する

戸建てならば管理費がないから安いというのは幻想

戸建ての場合、毎月強制される管理費や修繕費の積立てがないため、一見負担が少ないように思える。しかし、マンションであれ戸建てであれ、一定期間で修繕を行わなければならない点は変わらない。
右の数字は一例ではあるが、実際、それぞれの選択で住み続けた場合、どちらもそれなりの金額がかかる。

戸建ての維持費

50年住み続けると考えた場合の修繕やリフォームにかかる金額の目安がこちら。マンションのような積立ての強制はないが、これだけの金額がかかる。

マンション維持費

毎月の積立修繕費や管理費のほか、修繕費では賄えない自室等の専有部分の修繕費も加わり、戸建て維持に比べ維持費はやや多くなる傾向にある。

つまり、資産や修繕費よりも日々実感できる価値で決めるべし

戸建てにしかないメリットについて考える

戸建てにしかない条件が本当に必要か考えよう

家を選ぶ際、実際に戸建てに住んだ場合、日常的に体感できる戸建て独自のメリットをまず考慮するべき。
こういった戸建てのメリットが必要ないという人は、マンションを選んでも後悔することはないと言えるだろう。

戸建ての有利な点について考える
戸建ての有利な点について考える

戸建てにしかない条件が本当に必要か考えよう

特に都市部に住む人々にとって、戸建てかマンションかという選択は悩ましい。一般に、同じような広さの物件ならばマンションの方が安いことが多い。ただ、多くの人にとってはやはり戸建てこそがマイホームというイメージがあるのも事実。実際、どちらを選ぶ方が得なのだろうか。

多くの人は、土地の価格が値崩れしにくいという点を挙げている。しかし、土地の価値が変らないことと、実際にその土地が売れるかは別の話。近年は大きな土地を細かく分譲して販売する建て売り住宅が主流だが、こうした土地は、将来簡単に売れるとは限らない。

戸建てにしかない条件が本当に必要か考える

また、維持費の面からみても戸建ての方が圧倒的に有利ということもない。つまり、どちらが得かという視点で選ぶのはあまり得策ではない。不確定の将来を考えるあまり、住みにくい家を選んでしまっては本末転倒だ。

そこでおすすめしたいのが、戸建てにしかない日常のメリットで判断する方法だ。例えば、買い物から帰ったとき、玄関口に車を止め荷物を降ろせることを非常に便利だと思っている戸建て購入者は多い。細かいことだが、これはマンションでは絶対に無理だ。こういったことが自分に必要かどうかで判断したい。

【結論】戸建てでしかできないことが自分に必要かどうかで判断せよ
土地の価値に過度の期待は禁物

アール・イー・ソリッドで紹介している、広島・東広島・呉を中心とした
新築・戸建て物件に関する『ご質問』『ご相談』『現地見学』などお気軽にお問合せ下さい。