四季折々のイベント

広島城の桜

広島の春を彩るイベント「ひろしまフラワーフェスティバル」は、毎年5月3日~5月5日に開催される広島と世界を結ぶ平和の花の祭典。パレードやステージ、イベントコーナーなどで、平和大通りは花と緑と音楽があふれ、お祭り一色になります。

桜のシーズン、平和記念公園や広島城、黄金山、比治山公園では、花見を楽しむ人で賑わいます。4月中旬に行われる「造幣局の花のまわりみち」では多くの品種の桜を楽しむことができます。

花火大会

6月の「とうかさん」「ゆかたできん祭」は、広島に夏を告げる「ゆかたの着始め祭り」として有名。街中がゆかた姿の人々で賑わいます。

花火大会といえば、広島港で開催される「広島みなと 夢 花火大会」(7月)。打上花火や水中花火のほか、広島限定の型物花火も見られ、夏の風物詩となっています。

8月6日には原爆死没者の霊を慰め、世界恒久平和を祈念するため、平和記念式典が行われています。同日の夜に行われる「ピースメッセージとうろう流し」では、平和への祈りを込めて約1万個の色とりどりのとうろうが市内の川で流されます。

赤く染まったもみじ

秋の行楽シーズンは、山の幸・海の幸といったおいしいものがたくさん。「ひろしまフードフェスティバル」では、そんな食材・料理が大集合します。

また、10月下旬に開催される「広島城大菊花展」では、直径10mの特別花壇をはじめ、大菊、福助菊などで約2000鉢の色とりどりの菊が広島城を彩ります。11月になれば、宮島をはじめ、広島市内も紅葉で赤く染まり、多くの人を楽しませています。

スキーも楽しめます

広島の冬の夜を暖かい光で包み込むのが「ひろしまドリミネーション」。毎年11月中旬から1月初旬まで市内中心部一帯が、130万球を越える光にあふれるメルヘンの世界に変身します。

11月18日からの「胡子大祭」では、大売出しも行われ、縁起物を手にした人々で街は賑わいます。
また、中国山地ではスキーを楽しめるのも、広島の魅力の1つです。

アール・イー・ソリッドで紹介している物件に関するご質問・ご相談・現地見学予約など
お気軽にお問い合わせください。