耐震性能は1982年以降かどうかに注目したい

1981年施工だが建物に反映されるのは1982年秋以降

中古マンションで最も気になる要素のひとつが、耐震性能。そこで目安となるのが建築基準法の基準だ。大地震のたびに改正されてきた同基準だが、とくに重視したいのは1981年の基準。

この改正はとくに震度6~7レベルの大地震まで耐震性能が規定され、今なお「新耐震基準」として業界内では信頼度が高い。ただ、注意したいのは「築年代が1981年以降なら大丈夫」ではないこと。あくまで法施行が1981年6月なので、工期等を踏まえると、実際のマンションに反映される1982年の秋以降が目安。ただ20階以上の大規模なマンションでは2年以上の工期を要するのが一般的なので、1982年前後の中古物件は新耐震基準かどうか個別に確認しておきたい。

「新耐震基準」について
阪神・淡路大震災で 被害に差がついたのもこの基準
耐震基準の移り変わり
法律の移り変わり
法律の移り変わり

アール・イー・ソリッドで紹介している物件に関するご質問・ご相談・現地見学予約など
お気軽にお問い合わせください。